トップ

山根 基世 氏
山根 基世
アナウンサー

第10回 2018年 1月12日(金)

「もう一度考えたい
言葉の力」

講師


山根 基世 やまね もとよ

プロフィール


肩書き:
アナウンサー

略歴


1948年山口県生まれ。早稲田大学卒業後、NHKに入局。 多数の番組、ニュース、ナレーションを担当。2005年、女性として初のアナウンス室長。2007年、NHK退職後、「子どものことば」を育てることを目的に、LLP「ことばの杜」を設立。放送経験を生かして朗読、読み語り等、様々な活動を行った。

2013年からは、地域作りと言葉教育を組み合わせた独自の活動を続けている。

2000年・放送文化基金賞、2008年・前島賞(逓信協会)、2009年・徳川夢声市民賞受賞。

NHK退職後はTBS「半沢直樹」ナレーションなど、民放の番組も担当。

FM TOKYO「感じて、漢字の世界」毎週土曜日 JFN 全国38局ネット、FM TOKYO「NAGOMI Setouchi」毎週土曜日 JFN系列全国8局ネットで放送中。

2010年度
東京大学大学院人文社会系研究科 客員教授
2011年度~14年度
女子美術大学非常勤講師
2015年度より
女子美術大学特別招聘教授
2014年度より
学校法人 桑沢学園理事
2015年度より
公益財団法人 文字・活字文化推進機構にて
「山根基世の朗読指導者養成講座」開講
2017年度より
学校法人 順心広尾学園理事

【著書】
「山根基世の朗読読本」(評論社)、「こころの声を『聴く力』」(潮出版社)、「この ては あなたの ために」やまねもとよ訳/ペイジ・カイザー絵(評論社)、「きっと きっと まもってあげる」やまねもとよ訳/マーク・スペリング、レイン・マーロウ絵(評論社)、「感じる漢字」(自由国民社)、「『ことば』ほどおいしいものはない」(講談社)、「ことばで『私』を育てる」(講談社)、「女・今を一心に生きる」(三笠書房)、「ネコのあぶく」(毎日新聞社)、「歩きながら」(文春文庫、文化出版局)、「であいの旅」(文藝春秋、毎日新聞社)

【監修】
話したい、使いたい「心ときめくことばの12か月」
(KADOKAWA エンターブレイン)
list page 

毎日新聞

毎日通販